2.

自己理解セッション

自己理解セッションとは?

利き手に右利きや左利きがあるように、心にも利き手があるとしたら…。
スイスの心理学者カール・G・ユングはこのように考え、一見まとまりのないような人間の心の多様性を8つのタイプに分類し、タイプ論にまとめました。

この理論をマイヤーズとブリッグス母娘が研究し、発展させたものが心理検査MBTI®(Myers-Briggs Type Indicator)です。

自己理解セッションは、この心理検査MBTI®を用いて、いわゆる心の利き手を調べます。

 

心理検査と言っても精神分析を行うのではなく、MBTI®でご自身の指向を調べ、ワークによってベストフィットタイプを探っていくユニークなセッションです。


MBTI®では、以下の4つの指標について、それぞれ対極となる指向があると考えます。
・どこに関心を向けることを好むか(外向タイプか内向タイプか)
・どのように情報を取り入れることを好むか(感覚タイプか直観タイプか)
・どのように判断することを好むか(思考タイプか感情タイプか)
・どのように外界と接することを好むか(判断的態度か知覚的態度か)

これらの組み合わせにより、16の性格タイプに分類されます。

 

このような方におススメ!
・自己理解を深めたい方
・自己成長における課題を解決したい方
・コミュニケーションの質を向上させたい方
・教育や指導力の向上を図りたい方
・組織力の向上を図りたい方

 

期待できる効果
・自己理解を深めることで他者理解も深まります。
・自分の本来の姿・特徴が明確になります。
・自己成長に向けての課題が明確になります。
・相手に対して優しくなれます。
・相手に対してムッとしたり、イラっとすることが減ります。
・自分が無理なくできること、労力を必要とすることが明確になります。
・どういう分野に動機づけられるのかが明確になります。
・コミュニケーションにおける衝突を防止する方法がわかります。

 

自己理解セッションの流れ
1)まず予約フォームよりセッションにお申し込みください。
セッション費用には、MBTI®アセスメント受検料と書籍代(MBTI®タイプ入門)が含まれます。
2)MBTI®アセスメントのURLをご案内しますので、受検してください。
受検結果はセッションの中でお知らせいたします。
3)グループもしくはプライベートセッションにて、ワークによる検証を通してベストフィットタイプを探ります。
 

MBTIタイプテーブル.png